CONTENTS

ママの笑顔のために

  1. HOME
  2. コンテンツ
  3. 着なくなくなった子ども服を地域の中でリユースするフクふくプロジェクトを開催しています。

服のリユース
ボランティア

着なくなくなった子ども服を地域の中でリユースするフクふくプロジェクトを開催しています。

【インタビュー】
フクふくプロジェクトのメンバー、ふみさんにお話を伺いました。
Q. まず、フクふくプロジェクトについて簡単に教えてください。
フクふくプロジェクトは、サイズが小さくなったお子さんの服をご提供いただき、その服をマルシェにご来場いただいたママに自由にお持ち帰り(無料)いただいています。
Q. コンセプトを教えてください。
私たちが大切にしているのは、服を通じて福の循環をすることです。ここで服をお持ち帰りいただいたママには、洋服のカタチをしたカードに、受け取った福の証としてフクふくプロジェクトへのメッセージを書いていただいています。
Q. メッセージカードはその後どうなるんですか?
このメッセージは、当日会場でガーランドとして飾っていますので、ぜひ見に来ていただけると嬉しいです。
Q. 本当に素敵な取り組みですね!
ありがとうございます!このエリアは転勤族の方が多かったり、ひとりっ子の家庭も多いんです。だから、このプロジェクトによって、地域全体でおさがり文化(ママのつながり)が浸透していってもらえたら嬉しいです。
Q. みのマママルシェ以外でも活動はされていますか?
はい。このプロジェクトは私たちが企画運営しているママピクニック(彩都)で生まれたプロジェクトなんです。
月に1回、彩都で開催していますので、こちらにも遊びに来ていただけるととても嬉しいです。
ふみさん、ありがとうございました。